【COORDINATE】定番アイテム・イージーパンツの着こなし

パンツに定評のあるOTOÄA(オトアー)ですが、その中でも“コットンダブルクロスイージーパンツ”は、ワードローブに揃えておくとコーディネートがさっと決まる便利なアイテムです。 股上が深く、分量やタックを入れたことで、よりゆったりとしたヒップ周りになっています。はき心地は、ゆったりとしていますが、裾に向かって細くなるすっきりとしたテーパードシルエットなので、野暮ったくならずにきれいに決まります。↑上の写真のようにプルオーバーとのバランスも、すっきり! ウエストはゴム入りの仕様で、内側にはサイズ調整のドローコード入り。ファスナーやボタンは無く、開き無しのデザインなので、さっとはくことができます。 綿100%の2重織の高密度な生地をバイオ加工し、滑りのいい特殊樹脂加工でトリートメント。そのあとエアータンブラーで加工…といった、長い工程を経て仕上げた風合いのいい生地も魅力です。 きれいめなシルエットを作り出してくれるパンツなので、トップスをインしても、もたつかずに着こなせます。↑こちらは、ベージュになります。 ↑こちらは、ネイビー。引き締めカラーのネイビーは、シンプルに白いシャツを合わせるとクールな印象に着こなせます。 ヒップ周りは、ゆったりとして楽ちんなはき心地なのに、裾に向かって細くなっているので、後ろ姿もすっきりとキレイ。 ヒップ周りを気にしている方や、パンツスタイルに自信がないという方にも、おすすめのパンツです。年齢問わず、はきこなせるイージーパンツなので、コーディネートにぜひ取り入れてみてください。 ONLINE STOREはこちらへ(ベージュ)→ ネイビーはこちらへ→

Read more

【COORDINATE】どんなボトムとも好相性なケーブルニットプルオーバー

OTOÄA(オトアー)のアイテムの中でも、さり気ないディテールデザインの面白さと着心地の良さで人気なのが“ニット”です。 そんなニットの中から今回ご紹介するのは、“ケーブルニットプルオーバー”。上質なウールの強撚糸を使用して、高級感のある肉感に仕上げた編み地が特徴的。 衿、袖口、裾のリブに立体感と伸縮性のあるケーブルをデザインしています。そのため、パンツとのコーディネートの際も、程よくウエスト部分にフィットして全体のシルエットをすっきりとまとめてくれます。 ボリュームのある袖も特徴的なデザイン。袖口のリブできゅっと手首を締めてくれるのも、メリハリがきいています。 今シーズンのイメージカラー・マラカイトグリーンとチャコールのパンツとの組み合わせがおしゃれな印象です。 ↑こちらは、ブラウンのニット。全体をブラウン&ベージュ系の同系色でまとめたコーディネートです。ブラウンは馴染のよいカラーなので、ボトムの色合わせに悩むことなく、着こなすことができます。 衿、袖口、裾のほか、実は肩のパーツにもリブが施されています。直角に配されたリブは、デザインのアクセントになっています。 シンプルでありながら、こだわりが詰まったケーブルニットプルオーバー。写真のようなパンツとのコーディネートだけでなく、もちろんスカートとのバランスも抜群なおすすめアイテムです。 ONLINE STOREはこちらへ(マラカイトグリーン)→ ブラウンはこちらへ→

Read more

【COORDINATE】ロングコートのサイズ感&着こなし方

今シーズンのOTOÄA(オトアー)のコートについて、お問合せ頂きありがとうございます。フーテッドカラーロングコートは、写真のベージュとチャコールの2色展開となります。オーガニックコットン100%の膨らみ感のある風合いが特徴で、高密度でハリ、滑り感のあるチノクロス素材です。 コーディネートしているのは、ベージュのサイズ1。モデルはOTOÄAスタッフで、身長は160センチ。ゆったりとしたシルエットのコートなので、インナーを選ばず、コーディネートしやすいアイテムです。 ↑前のボタンを留めずに、さらっと羽織ると、セーラーカラーのような襟元を演出できます。インナーのトップスはテレコボーダーオフタートルのカットソーです。これからもっと寒くなってきたら、厚手のタートルニットと合わせても素敵です。 ↑こちらは上2つのボタン以外、きちっと留めた着こなし方。すっきりとしたラインのコートに変化します。ボタンがセンターの位置から、少しずれているのもデザインポイントです。 ベージュ&オフホワイトでまとめた同系色コーディネートは、OTOÄAらしいカラーリング。あえてビビットなカラーを指し色に使ってコーディネートしてもOK。(明るい色のニットとか、カラーパンツを合わせてもおしゃれ) 裾にダーツを取っているので、裾に向かってのシルエットも広がりすぎず、すっきりとした印象に仕上がっています。 今回は、パンツとコーディネートしていますが、スカートとも好相性。マキシ丈のスカートでも、バランスよく着こなせます。 フーテッドコートとM-51のモッズコートのディテールを組み合わせたデザインのOTOÄAのコート。おすすめです◎

Read more

【COORDINATE】チノドレスのデイリーコーデ

先日【ITEM】でご紹介した「チノドレス」の着こなし方をご紹介させていただきます。「ワンピースをオンライン購入する際の心配ごとのひとつとして“丈感”がある」と以前、お客様がおっしゃっておりました。 写真で着用しているスタッフは、160センチになります。足首周りが見える丈感です。なので、160センチよりも高いか、低いかで丈感をイメージして頂けると助かります。 高密度でハリ感、滑り感のあるチノクロス素材。少しだけ、なだらかなコクーンシルエットになっています。 大きめなポケットがアクセントになっているので、ワンピース全体が、のぺっとした印象(のぺっとの意味合いわかりますかね?笑)にならず、メリハリのあるスタイルに見えます。また、ウエストの切り替え位置も少し高めなので、足長効果も期待できます◎ トップスは、ベージュと同系色のブラウンのニットを合わせています。ウエスト回りも、ほどよいゆとりがあるので、ニットを合わせても、もたつきません。バッグと靴を、ブラックにすることで、さらにすっきりとした印象になっています。 シャツやブラウス、カットソーなどの薄めの生地のアイテムをワンピースのインに着て、カーディガンを羽織るコーディネートもおすすめです。カーディガンは、ロングでもショートでもバランスよく決まります。 ちなみに、半袖のTシャツを合わせてももちろんOKですので、季節を問わず1年中着られるお役たちアイテムでもあります。おすすめです◎ ONLINE STOREはこちら→  

Read more

【COORDINATE】 きれいめに決まる、カットソースタイル

先日、【ITEM】の記事としてご紹介したボーダーのカットソー2種類が好評です。そこで、今回は、その2種類「クルーネック」タイプと「オフタートル」タイプを、それぞれ着用した写真をアップいたします。 まずご紹介するのが、ライトベージュ×アイボリーの「クルーネック」タイプの着こなし。あえて同系色のベージュのワイドパンツを合わせ、柔らかな印象を作り出しました。ボーダー×ワイドパンツといえば、カジュアルなコーディネートの代表格のような存在ですが、同系色の優しい色味で揃えたことで、ほどよい女性らしさも残してくれます。 凸凹のあるリブ織りの一種で、はっきりと“うね”が分かるように織られた“テレコ”素材のカットソー。そのため、タイトなシルエットにデザインされていても、ほどよく身体にフィットして縦のラインが強調されるので、すっきりと引き締まって見えるのもポイントです。パンツにインしても、もたつかず、すっきりと着こなせます。 ↑こちらは、アイボリー×チャコールのオフタートルタイプ。アイボリーのワイドパンツを合わせたモノトーンコーディネートです。モノトーンといっても黒の分量は少なく、ボーダーのラインもチャコールのため、優しい印象を醸し出しています。 首元のドレープや長い袖など、一見シンプルに見えながらもディテールにこだわったオフタートルに仕上がっています。 OTOÄA(オトアー)のカットソーは、伸縮性がよく肌触りがいいことも特徴なので、ぜひその着心地を体感してほしいです。 ONLINE STOREはこちらへ→

Read more

【COORDINATE】ワントーンコーディネートのコツ

OTOÄA(オトアー)のスタッフによるコーディネートは、等身大の着こなしでわかりやすいとご好評いただいております◎ 今回は、ワントーンコーディネートのお話です。ワントーンコーディネートといえば、全身ブラックで統一!などはわかりやすいし、パッと見てモードでおしゃれな印象に仕上がるので、比較的、簡単にコーディネートできます。(黒に抵抗のない方ならば。。) ですが、OTOÄAでおすすめしたいのが、ベージュ系でまとめた柔らかい印象のワントーンコーディネートです。 コーディネートのコツは、ワントーン(同系色)と言っても、少し違う色味で合わせるところ。 トップスは“アイボリー”。オフタートル+プルオーバーを重ね着しています。ボトムは少しグレイッシュなベージュです。商品カラー名は“オートミール”と言います。(食べ物のオートミールをイメージしたカラー) ベージュ系のワントーンコーディネートは、ちょっとぼやけた印象になりがちですが、少しだけボトムの色を落としたりするだけで、すっきりとまとまります。 ほかに、靴やバッグなどに、引き締めカラーを持ってくるとさらにメリハリがつきます。(ここでは、靴をブラックにしています) 濃い目のブラウンを合わせても、上級者コディネートになりそうです。ぜひ、ワントーンコーディネートにチャレンジしてみてください◎

Read more